収益使途 - 常滑市 - 農林水産業費


農業生産基盤の整備をし、農業の持続的発展を


 農業の持続的発展を目指して、農業生産基盤となる大規模ほ場整備及び農道・用排水路等の整備により、農業生産性の向上を図るとともに、集落農道や農村公園などの農村生活環境整備を図るため、1972年度から2005年度までの長期にわたり、土地改良事業を進めてきました。

 この土地改良事業は、常滑市の農業振興の根幹となった事業であり、これにより農業経営の合理化や農村生活環境の向上が図られました。現在はこの農業生産基盤を活用し、農地の集約化や担い手農家の育成など、農業を取り巻く社会情勢の変化に対応しながら、農業施策を推進しています。

 ボートレースの収益金は、このような農業生産基盤の整備にも活かされています。