収益使途 - 青梅市 - 教育費


教育や福祉などの事業に寄与しています


青梅市御岳交流センター
 この建物(写真)は、2013年10月に開催された「第68回国民体育大会・カヌー競技会」の競技本部の施設として2012年9月に建設されましたが、収益金の一部が役立てられております。

 国体終了後、2014年4月から「青梅市御岳交流センター」としてリニューアルし、スポーツ・レクリエーション活動の促進や地域の活性化を図るための拠点施設として、週末には御岳山などへの行楽客や多摩川でカヌーをされる方々で賑わっています。

 ボートレースの収益金の一部は、青梅市の一般会計などに繰り出し、教育や福祉などの事業に寄与しています。


教育環境の整備に寄与しています


青梅市立第四小学校屋内運動場
 この建物(写真)は、平成27年度(2015年度)に竣工した青梅市立第四小学校の屋内運動場です。この体育館の完成により、市内すべての校舎および屋内運動場の耐震化が完了しました。

 このほかにも、児童・生徒が安全・安心に学校生活を送れるよう、老朽化した学校施設の改修や、非構造部材の耐震化など教育環境の整備に努めていますが、学校施設の多くは建築当初から数十年が経過し、計画的かつ適切な維持管理が必要となっています。

 ボートレースの収益金は、このような学校施設の整備、改修や維持管理にも活かされています。