収益使途 - 周南市 - 教育費


文化施設の整備に活かされています


「周南市美術博物館」
 周南市美術博物館には、宮崎進・岸田劉生・まどみちおら、郷土ゆかりの芸術家をはじめ、日本国内はもとより、広く世界的な視野に立った美術品を扱う美術部門、周南市出身の写真家林忠彦の作品を中心にした写真部門、郷土の歴史や文化に関わる資料を扱う歴史部門を併せ持ち、隣接する音楽・劇場ホール施設などとともに周南地域の文化ゾーンの一翼を担っています。

 ボートレースの収益金は、このような文化施設の整備にも活かされています。