収益使途 - 埼玉県都市競艇組合 - 民生費


子育て支援の充実を図っています(春日部市)


市内の放課後児童クラブ
 放課後児童クラブは、保護者の就労などで昼間に常時留守になっている家庭の児童に対し、家庭に代わる安全な生活の場を提供し、児童の健全な育成を図ることを目的とした施設です。春日部市では市内の22の小学校に39の放課後児童クラブを設置しています。

 クラブでは、児童の創造性を養うために、夏には七夕飾りや灯篭制作、冬にはマフラー編みなど季節や日本古来の風習にちなんだ創作活動に取り組むほか、お誕生日会やお楽しみ会などの行事を行っています。

 ボートレースの収益金は、子ども・子育て支援に活かされています。


子どもの医療費無料化策を拡充しています(深谷市)


 深谷市では、2018年度を初年度とする第2次総合計画を策定し、将来都市像「元気と笑顔の生産地 ふかや」を目指す一環として、子育て支援の充実に取り組んでいます。

 2017年度から、子どもの医療費無料化策を拡充し、対象年齢を15歳から18歳に拡大しております。また、入院・通院ともに対象となっており、子どもたちの健やかな成長と子育て世代の経済的負担の軽減による児童福祉の推進を図っています。

 ボートレースの収益金は、このような子育て支援の充実に資する事業の一部に活かされています。