収益使途 - 箕面市 - 土木費


鉄道等整備事業


(仮称)新箕面駅イメージ
 箕面市では、北大阪急行線を現在の終着駅である千里中央駅から北へ2.5km延伸し、新駅を2つ作る"北大阪急行線延伸整備事業"を進めています。北大阪急行線は地下鉄御堂筋線に直接乗り入れるため、箕面市から新大阪・梅田・なんばなど大阪都心に乗り換えなしでダイレクトアクセスが可能になります。

 この事業は、箕面市の抱える交通問題の解消、新御堂筋(国道423号)の渋滞緩和、新駅周辺のまちづくりや新たな企業誘致による地域の活性化などに役立つため、市民は大きな期待を寄せています。

 ボートレースの収益金は、このような公共交通の充実とまちの魅力をアップさせる鉄道の整備事業にも活かされています。