収益使途 - 倉敷市 - 消防費


市民の安全を守っています


倉敷市消防局及び倉敷消防署
 倉敷市の消防体制は、市の中心部に消防局が1つと、広大な市内各地区を管轄する4つの消防署、そして市民の方からの要望に迅速に対応できるよう3つの分署と、8つの出張所から成り立っています。

 火災などの緊急事態発生時に、サイレンを鳴らし、颯爽と走る消防自動車にも様々な種類があり、高層建築物に対応する「はしご車」や石油コンビナート火災で活躍する「化学車」などといった特殊消防車まで多岐にわたり配備されています。

 また、地域防災の重要性が見直されている中、地域に密着した消防団の施設や装備の充実が図られており、災害に強い安心・安全な街づくりを担っています。

 ボートレースの収益金は、このような市民の生命や財産を守る消防活動の一部にも活かされています。