収益使途 - 半田市 - 土木費


雨水整備事業(下水道事業)


瑞穂ポンプ場
 1959年の伊勢湾台風をはじめとする台風や集中豪雨により甚大な浸水被害を受けてきた当市では、雨に強い安全なまちを目指し、下水道などによる治水・排水対策に力を注いできました。

 雨水整備事業では、雨水を川や海に放流するための雨水管の整備や低い土地から強制的に雨水を排出するための排水ポンプ場を整備することにより、浸水被害から市民生活を守っています。


 雨水排水対策の基幹事業である排水ポンプ場の機能維持を図るため、長寿命化計画を策定し、効率的にエンジン、自家発電機などの分解・点検・整備などを行っています。

 ボートレースの収益金は、この事業の一部に使われています。
ディーゼルエンジン(4号機)