収益使途 - 福岡都市圏広域行政事業組合 - 保健衛生費


こども病院補助


福岡市立こども病院
 福岡市立こども病院は、1980年9月の開院当初より、西日本で唯一の小児総合医療施設として、とくに新生児医療、先天性心臓病を主体とする循環器医療の領域で実績を重ね、一定の評価と信頼を得てきました。建物の老朽化や新しい医療への対応のために、それまでの福岡市中央区唐人町から、福岡市東区香椎照葉の地に2014年11月に移転し、新こども病院として開院しました。

 新病院では、前病院における豊富な臨床経験を継承するとともに、周産期医療、救急医療等の更なる充実が図られることになりました。

 ボートレースの収益金は、このような新こども病院の運営にもひき続き活かされています。