収益使途 - 備南競艇事業組合 - 教育費


東公民館阿曽分館移転新築事業(一部充当)(総社市)


東公民館阿曽分館
 総社市東部に位置する阿曽地区は,自然豊かであるとともに,国指定史跡鬼城山をはじめ多くの貴重な歴史遺産が残る,『自然と歴史あふれるフィールドミュージアム』といえる地域です。

 旧東公民館阿曽分館は1973年に建設され,地域の行事や各種講座などに利用され長年親しまれていました。しかし,老朽化が進んだため,2010年に移転新築されました。阿曽分館の移転新築に併せて広い駐車場も整備されたことで,幅広い世代の地域住民が分館を活用しやすくなり,今では,世代間の交流も盛んに行われ,地域の活性化にもつながっています。

 ボートレースの収益金は、このような地域の活性化にも活かされています。


昭和公民館移転新築事業(一部充当)(総社市)


昭和公民館
 昭和公民館は、総社市北部の昭和地区に位置しています。

 昭和地区は、森林や岡山県の三大河川の一つである高梁川が織りなす自然と、住民の絆が豊かな地域です。

 近年は、5つの幼稚園・小中学校での一貫した英語教育や、定住促進助成金等の施策により、少子高齢化や過疎化を抑制し、持続可能な地域づくりを推進しています。

 その拠点となるのが昭和公民館。旧昭和公民館の老朽化により移転新築し、2016年4月にオープンしました。地域住民が主体となって行われる交流事業も盛んで、更なる地域の活性化が期待されています。

 ボートレースの収益金は、このような地域の活性化にも活かされています。


町民総合会館改修事業(一部充当)(早島町)


早島町町民総合会館「ゆるびの舎」
 早島町町民総合会館「ゆるびの舎」は、心の健康づくりを基本コンセプトに、文化(文化ホール)・健康(健康づくりセンター)・学習(図書館)の3つの機能が互いに連携し合いながら、身体面の健康と心の安らぎや豊かさを実感できる快適空間を提供するための施設です。

 多様な分野における快適性を追求しながら、町民の皆様の心身両面からの健康づくりや生涯学習・文化活動の振興を図り、健やかな地域社会づくりを目指します。

 ボートレースの収益金は、このような市民の健康づくりに活かされています。


学校施設改修事業(一部充当)(早島町)


早島小学校
 学校施設は早島町内に小学校、中学校が各1校あり、子どもたちが一日の大半を過ごす場所であるとともに、災害時の避難場所としての役割も担っており、地域住民にとっても重要な施設となっています。

 学校施設は昭和40年代に整備されたもので、施設の老朽化が課題となっています。こうした中、校舎や給食調理場など各種施設の老朽化対策の経費の一部に収益金を充てることで、安全で快適な教育環境の改善を図ることができました。

 ボートレースの収益金は、このような学校施設の改修費用にも活かされています。
早島小学校